前へ
次へ

不動産購入で注意が必要になるローン特約

不動産購入の多くを占めるマイホームでは住宅ローンが利用されます。
ローンは事前審査申込から始まり、通れば正式申込・本審査を経てローン契約を結び、同時に抵当権設定契約も行うようになります。
実際の融資実行は残債決済時に行われることが多く、金利は契約時ではなく決済時のレートが適用されます。
住宅ローンは、通常は売買契約を締結した後に申込が行われます。
注意が必要なのは不動産の売買契約にあるローン特約が該当し、ローン特約は、簡単にはローンの審査が通らなかった場合に売買契約自体を白紙にすることができる条項をさします。
売買契約は締結をすることで買主に支払義務が生じることになり、定められた期日までに代金を支払う必要があります。
仮に支払ができないとなれば契約違反となり、違約金や損賠賠償金を売主から請求されます。
ローン特約はここでのリスクを避けるために設けられていますが、トラブルになるケースとして記載内容があります。
売買契約書への記載内容には、融資申込金融機関・借入額・融資取得期間の明記があり、問題となるのは記載なしのまま売買契約をしてしまうことです。
大きな理由に融資確定の前に売買契約を結んでしまうことがあり、仮に融資が通らなければ無償で売買契約を白紙にできないばかりか、場合によっては高い金利でも借入ざるをえなくなるなどのリスクを負う可能性があります。

Page Top