前へ
次へ

不動産購入で知っておきたい住宅ローン控除

住宅やマンションなど、居住用の不動産を購入する際に知っておきたい制度に住宅ローン控除があります。
制度は2021年12月31日まで適用され、住宅ローンを借りた新築・購入・増改築等を対象に、各年末にローン残高の1%を10年間所得税から控除をすることができます。
ケースとしては消費税5%もしくは消費税がかからない中古住宅等と、消費税8%もしくは10%の住宅があり、例えば現在の消費税8%では最大400万円の控除が適用されます。
控除には年収や借入期間、面積などに条件が設けられており、主なものには1つに住宅の床面積50㎡以上があります。
中古住宅は構造で決められています。
マンションなどの耐火建築物で築25年以内また木造では築20年以内、耐震基準が証明された住宅もしくは購入後に耐震改修を行った住宅で建築士等によって性能が証明されたものがあり、いずれかを満たすことで控除を受けることができます。
他に、住宅ローンの返済期間が10年以上であることや、控除を受ける年の合計所得金額が3000万円以下であること、取得後6ヶ月以内の入居で受ける年の12月31日まで引き続き住んでいることなどが条件になり、利用する場合は確定申告が必要になります。
注意点は会社員であっても1回目は必ず申告が必要になることがあり、この場合、2年目以降は年末調整で対応をすることができます。

Page Top